最新の医療機器を設備し、不妊症・高度生殖医療(ART)を専門とした診療に当たります

施設紹介(更新)

  • HOME »
  • 施設紹介(更新)

レーザー孵化促進法(レーザーAH)について

採卵で得られた卵は、体外受精や顕微授精にて受精させます。
加齢や様々な要因により受精卵の透明帯が硬化し、ハッチング障害の原因となっていることが示唆されています。

孵化促進法(assisted hatching = AH) とは、硬化した受精卵の透明帯の一部を切開し、あるいは穴を開けるなどの処置を施してハッチングを促進し、移植胚の着床率改善を目的とする技術です。
当院では、安全性の高いレ一ザ法で施工しています。


PAGETOP