新型コロナウイルス感染症に対する日本生殖学会からの声明と当院の対応

4月1日に日本生殖学会から新型コロナウイルス感染症に対する声明が出されました。
通院中の皆さんにおかれましては、今後の治療について心配されていることと思います。
 
声明では、

  1. 新型コロナウイルスの妊娠や妊娠初期の胎児への影響が不明である
  2. 妊婦においては、感染の重症化の可能性がある
  3. 感染時に使用される治療薬は、妊婦に禁忌の薬剤が試行されている

以上のことから

 国内での新型コロナウイルス感染症の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは 妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示していただくよう推奨いたします。
 人工授精、胚移植などの治療に関して延期が可能なものについては延期を考慮してください。(原文より抜粋)

とされています。

 通院中の皆さまにおかれましては、1日でも早い妊娠を希望されていると思います。
 また 年齢やその他の状況から治療の延期により妊娠が難しくなるご夫婦もおられると思われます。

 日本国内の感染状況は、地域で大きく異なっており、幸い山口県は現時点では、感染源の不明なコロナウイルス陽性者はなく、比較的感染リスクは低いと考えられます。

 以上より、当院では治療の延期の選択肢を提示したうえで、治療の継続を希望されるご夫婦には、これまで通り治療を行います。

 今後の新型コロナウイルス感染の拡大状況によっては、治療の中止、延期をせざるを得ないことがあることをご了解ください。
 
 令和2年4月14日

新山口こうのとりクリニック
院長 谷川 正浩