最新の医療機器を設備し、不妊症・高度生殖医療(ART)を専門とした診療に当たります

診療内容

  • HOME »
  • 診療内容

診療科目

  • 不妊検査、不妊相談
  • 一般不妊治療(タイミング療法、排卵誘発、人工授精)
  • 高度生殖補助医療(体外受精、顕微受精、受精卵凍結)

当院の不妊治療について

当院では、不妊治療を行うにあたり超音波検査、血液検査、精液検査、卵管通水、卵管造影検査等により不妊原因精査を行います。
デジタルX線撮影装置を導入し院内で卵管造影検査ができるようになりました。
不妊原因検査の結果をふまえ、負担の少ない最善の治療を提案させて頂きますが、治療の選択およびステップアップについては
不妊期間、年齢そしてご夫婦のご希望を尊重し、治療を進めていきます。

高度生殖補助医療について

両側卵管閉塞、重度の精液所見不良、一般不妊治療で妊娠に至らない場合には体外受精・胚移植、顕微受精等の高度生殖補助医療が必要となります。たにかわクリニックでは一般不妊治療を行っていましたが、高度生殖医療の設備を整え、新山口こうのとりクリニックとして再スタートしました。日本で体外受精治療が始まった当時から体外受精治療、研究に携わってきました。また山口赤十字病院でも高度生殖補助医療を実施してきた経験を生かし、全力で治療に取り組む所存です。

孵化促進法について

レーザーAHA

採卵で得られた卵は、体外受精や顕微授精にて受精させます。
加齢や様々な要因により受精卵の透明帯が硬化し、ハッチング障害の原因となっていることが示唆されています。

孵化促進法(assisted hatching = AH) とは、硬化した受精卵の透明帯の一部を切開し、あるいは穴を開けるなどの処置を施してハッチングを促進し、移植胚の着床率改善を目的とする技術です。
当院では、安全性の高いレ一ザ法で施工しています。


PAGETOP